■隠岐、島前の紹介

隠岐島は島根半島の沖に浮かぶ4つの有人島からなる群島で、3つの有人島(西ノ島、中ノ島、知夫里島)と無数の無人島からなる島前諸島と、1つの大きな島の島後との2つに大別することができます。島前諸島は、入り組んだ海岸線と奇岩などが有名で、海中においても環境庁海中公園に指定され、起伏に富んだ海底を見ることができ、周辺には対馬暖流が流れ、ブリ、ヒラマサなどの回遊魚が群泳しているダイナミックなポイントも有しています。また、古くは御鳥羽上皇をはじめ、遠流の地として流人の哀話を秘めた島々で、遺跡、旧跡が多々残されています。
人口は島前諸島で約6、500人で、決して華やかとは言えませんが、明るく雄大な自然が今も開発されずに残っています。漁業が盛んで、朝取れの新鮮な魚介類の民宿料理は訪れるダイバーを大変満足させています。
島前諸島のダイビングサービスは中ノ島(海士町)にあり、島の東側に点在する無人島を中心にサービスをしています。
さらに詳しくは海士町のHPで!!

〒684-0402 島根県隠岐郡海士町豊田2-1
TEL&FAX 08514-2-1203 Email amads@nifty.com